インデックス投資

子供のお年玉は貯金をやめてジュニアNISAで運用してみる

お年玉をジュニアNISA運用

家族とすてきなお正月。こどもたちにとってはお年玉が楽しみです。

赤ちゃんがいると初めてのお年玉。

あげる方ももらう方(親も?)も本当に幸せな気持ちになれますよね。

 

困っている人たち
毎年こどものお年玉は銀行で貯金していました。でもこれで良いのでしょうか?
困っている人
銀行に貯金するだけでは昔のように利息はつかないので悩みます。子どもが将来お金で困らないようにしてあげたいです。
私たちも今までは子供の銀行口座に入れていました。お年玉を生活費として使わずに子供のために貯金するという面では良いです。でも全然増えていかないですよね。そのため今年からはジュニアNISAで運用します
global555

 

お年玉の使い方

お年玉の使い方についてはその家庭によって色々ありますよね。

  • 全部使う。(子供、親)
  • 半分使う。
  • 貯金する。

「お金の使い方を学ぶ」ということで子どもが使うことももちろん良いと思います。

私たちの場合は今までは子どもの銀行口座で全部貯金していました。

 

でも自分が積み立てNISAなどでインデックス投資や高配当株投資を始めてみると、子供のお年玉を銀行口座に寝かせておくのは正直イマイチですよね。

 

特に子どもが将来使うために子ども名義の銀行口座に入れているとしたら、完全に長期運用です。

であれば子ども名義の証券口座で株や投資信託、ETFを購入して長期間ほったらかししておきたい。

複利で増えていくという考え方のインデックス投資と相性が良いですよね。

 

お年玉をジュニアNISA口座で運用する

お年玉をジュニアNISAで運用2

ジュニアNISAは2023年で廃止になってしまいますが、あと2年、2022年、2023年で1年80万円、2年間で160万円までは非課税で投資できます。

これは絶対使った方がお得ですよね。

 

⬇️詳しくはこちらの記事をご参考に。入金方法も書いてあります。

失敗から学ぶ。楽天証券のジュニアNISAの入金方法はリアルタイム入金

あわせて読みたい
ジュニアnisa
失敗から学ぶ。楽天証券のジュニアNISAの入金方法はリアルタイム入金

大切なお子様には将来お金で苦労して欲しくないですよね。ジュニアNISAを使って運用しようと楽天証券でジュニアNISAの口座を開設しました。投資する前の入金方法はリアルタイム入金がオススメです。私のような失敗をなさらないように。

続きを見る

 

お正月に色々な方から頂いた子どものお年玉はありがたくジュニアNISA口座に入れて

全世界株や米国株のインデックス投資をします。

再投資の手間を考えて投資信託で運用かなと考えています。

https://twitter.com/global5551/statuses/1396797786918580224

いつか子どもたちにこのお金が働いているということをしっかり理解してもらいたいです。

 

厚切りジェイソンさんに学ぶお年玉の運用

 

「Why Japanese people? 」でお馴染みの厚切りジェイソンさんは誇り高きFIREの民。

厚切りジェイソンさんの資産運用は、とにかく節約を楽しむ。それで生まれた余剰資金を全てVTI (バンガードトータルストックマーケットインデックスファンドETF)1本で運用。

非常にシンプルです。

 

お年玉についても

子どものお年玉も1度預かって運用する。預かった金額はメモ帳につける。

年末に残額に対して1割の利子としておこづかいをあげる。

例えば年末に残高30,000円があれば、利子として3,000円を渡す。

それで複利についてや投資についてなどの金融教育を家庭で教えている。

 

 

これはとっても良いなー!と思って今年から私もやってみます。
global555

子供のお金の運用であれば非課税のジュニアNISAを使おうと2021年に開設しました。

 

お年玉をジュニアNISAで運用しようと思ったきっかけ

2021年はリベ大の動画や本でお金について勉強しました。

リベ大の中でも好きな動画はこちらです。

私がジュニアNISA口座を作ったきっかけでもあります。

やっぱり子どもたちにはお金では苦労はして欲しくないですよね。

複利を考えるとできるだけ早くに投資を始めて長くインデックス投資で運用する。

おまけに子どもたちにも魚の釣り方を教えてあげられる。そんな考え方がステキです。

 

⬇️リベ大のお金の大学は本当に勉強になります。


 

⬇️厚切りジェイソンさんの本はとってもシンプルでわかりやすいです。徹底して学ぶ姿は尊敬です。


 

⬇️この本のインデックス投資のファイナルアンサー!「eMaxis slim 全世界株式(オール・カントリー)」1本もシンプルです。


 

まとめ

今回はお正月に大切な方から頂く子どもたちのお年玉をジュニアNISAで運用するという考え方についてご紹介しました。

正解はありませんのでしっかり学んで行動して楽しくいきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。今回は以上です。global555(Twitter:global5551)でした。

 

⬇️投資の始め方についてはこちらの記事もどうぞ。

これで始められる!はじめての人のための3000円投資生活

あわせて読みたい
はじめての人のための3000円投資生活
これで始められる!はじめての人のための3000円投資生活

最近よく投資と聞くけれど、元本割れのリスクがあって怖いと思っていませんか?小さいスモールスタートをすることで投資の世界に飛び込んで徐々に増やしていくという方法もありますよ。はじめての人がスタートするための3000円投資生活をご紹介します。

続きを見る

 

日本株の高配当株投資をSBIネオモバイル証券ではじめてみた

あわせて読みたい
日本の高配当株投資
日本株の高配当株投資をSBIネオモバイル証券ではじめてみた

小額から日本の高配当株投資をして配当金をもらうことに興味はありませんか。通常100株単位である程度の資金が必要であったり、小額投資をすると手数料負けをしてしまう中、SBIネオモバイル証券を使えばTポイントで手軽に始めることができます。

続きを見る

 

SBIネオモバイル証券で1株から日本の高配当株投資の始め方

あわせて読みたい
SBIネオモバイル証券での始め方
SBIネオモバイル証券で1株から日本の高配当株投資の始め方

積み立てNISAやジュニアNISAでインデックス投資を始めたあとに、日々のキャッシュフロー改善のためにSBIネオモバイル証券で1株から日本の高配当株投資の始め方について解説します。
SBIネオモバイル証券で口座開設をしてあなたも始めませんか。

続きを見る

 

⬇️投資スタートのために節約の記事です。

日経新聞をやめる。年間5万円を節約して無料で日経新聞を読む方法

あわせて読みたい
日経新聞をやめる
日経新聞をやめる。年間5万円を節約して無料で日経新聞を読む方法

家計の固定費を少しでも削減して、貯蓄、投資にまわしていきたいと思いませんか?新聞をやめることで年間5-7万円の節約で10年経つと50-70万の節約になります。新聞をやめるメリット・デメリットや日経新聞を無料で読む方法も解説しています。

続きを見る

 

 

⬇️子どもへの金融教育についての記事を読む。

 

⬇️子どもへの教育・お役立ち記事を読む。

  • この記事を書いた人

global555

外資系のグローバル企業で10年間マーケターとしてはたらいています。 英語でビジネス!グローバルリーダーになって活躍したい。ビジネス英語・スキル向上を応援するサイトです。 あわせて「会社からの収入だけに依存しない」ように副業ブログを始めたい方。資産運用を始めたい方に向けてお役にたつ情報をわかりやすく提供するサイトを目指します。

よく読まれている記事

英語会議でついていけない 1

ネイティブとの英語会議で聞き取れなくて困ったことありませんか。話す内容は何度も練習したり、原稿を作ったりすることで対策できても質問が聞き取れない。英語会議についていけない時に使えると便利な3点を解説します。

グーグルアドセンス 2

ブログを始めた方の最初の壁がグーグルアドセンスではないでしょうか。軽々壁を飛び越えていくブロガーが多い中、私は10回有用性の低いコンテンツで不合格をからのグーグルアドセンス合格となりました。グーグルアドセンス合格を目指す中で考えたことをご紹介します。

英語会議ポイント1 3

来週の英語会議があると心配ですか?この記事は外資系企業で学んだ英語会議のポイント10個をご紹介します。
英語会議の設定の仕方から、聞き取れない対策、発表の仕方、資料の作り方についてもご説明します。
苦手意識を持っている方は是非読んでください!

副業ブログの始め方1 4

値上げラッシュの世の中で会社からの給料はなかなか上がりませんよね。まったくの初心者が10分あればできるブログ副業の始め方については解説します。この記事を読めばワードプレスブログを始めたい方がサクッと10分で始めることができますよ。

SBIネオモバイル証券で初めての配当金 5

株式投資はリスクがあって怖いですよね。1株でも持っているだけで配当金がもらえる高配当株についてご説明します。日本株で1株からSBIネオモバイル証券を使って日本株の高配当投資で初めての配当金をもらえましたので詳細をご説明します。

-インデックス投資
-, , ,